ウイルス情報(W32.Nimda.A@mm)について


現在「W32.Nimda.A@mm(ニムダ)」というコンピュータウイルスが世界中で猛威を振るっております。また、これにより世界中のネットワークに負荷がかかっており、各地でメールの遅延やWebの一時的な接続障害が発生しております。「W32.Nimda.A@mm」は、感染力が非常に強いウイルス(5段階で危険度4)でシステムの改ざんを引き起こします。
ウイルスの感染経路に関しては、2種類あります。
e-mail感染の場合:
添付ファイルとして送られ添付ファイルを開いた時点で感染いたしますので、不審な添付ファイルは絶対に開かないことをお勧めいたします。
web感染の場合:
感染されたWebを閲覧したときに、JavaScriptを経由してPCに感染します。InternetExprolerのバージョンアップをお勧めします。
「W32.Nimda.A@mm」についての詳細は、下記シマンテック社のwebをご参照ください。
株式会社シマンテック:
http://www.symantec.com/region/jp/
なお、ウイルスや駆除方法についてのお問い合わせは弊社ではお答えできませんのであしからずご了承ください。