年末年始の営業・サポートについてのお知らせ


平素は山梨インタラクティブのサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
年末年始の営業・サポートについてご案内いたします。お客さまにはご不便をおかけしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 

[年末年始休業期間]

2018年12月29日(土)~2019年01月06日(日)
 

[ホスティングサービスの技術的なお問い合わせ]

休業期間中は、メールでのサポートのみとさせていただきます。
お問い合わせ(フォーム) からお願いいたします。
 
なお、休業前は 12月28日(金)まで、休業明けは、1月7日(月)以降から、通常通り 10:00~18:00 まで、電話・メールによるお問い合わせをお受けしておりますのでよろしくお願いいたします。
 

[ホームページ作成、ドメイン、料金等に関するお問い合わせ]

休業期間中は、休業とさせていただきます。
 
休業期間中にお問い合わせいただいたメールに関しましては、順次回答いたしますのでお待ちいただけますようお願い申し上げます。
 
以上、ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

SSLサーバーの復旧時間短縮のためのメンテナンス


iCLUSTAシリーズにて、下記日程でメンテナンスを実施させていただきます。
 
[作業日時]
2018年12月18日 00:00~06:00
 
[対象ユーザー]
iCLUSTAシリーズをご利用のお客さまで、独自SSL・共用SSLをご利用のお客さま
 
[作業内容]
障害発生時における復旧時間を短縮するためのメンテナンス
 
[影響範囲]
メンテナンス中、サーバが利用できない時間が発生します。
(4回に分けて作業を実施予定)
 
以上、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど賜りますようお願い申し上げます。

メンテナンス実施のお知らせ(PlanManager・CONTROL PANEL)


iCLUSTAシリーズにて、下記日程でメンテナンスを実施させていただきます。
 
[作業日時]
2018年12月11日 14:00~15:00
 
[対象ユーザー]
iCLUSTAシリーズをご利用のお客さま
 
[作業内容]
PlanManager・CONTROL PANELの機能強化のためのアップデート
 
[影響範囲]
メンテナンス中サービスへの影響はありませんが、メンテナンス後、下記機能が強化されます。
 
1.パスワードに記号の追加が可能
2.ユーザー編集画面にユーザー詳細「表示」ボタン追加
3.ログイン画面でドメイン入力の大文字対応
4.Webメール(Roundcube)の表示・操作一部変更
 
上記3点につきまして、機能強化を実施いたします。
詳細につきまして、下記内容をご参照いただけますと幸いでございます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆機能強化内容1 パスワードに記号の追加が可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
パスワードの設定につきまして、下記記号の追加が可能になります。
 
▼利用可能記号
! # $ % & ( ) – ~ ^ _ [ ] * : ; . ? | @
 
▼対象機能
・ユーザー登録
・ユーザー一括登録
・ユーザーCSV管理
・ユーザー編集
・アクセス制限(ウェブコントロール)
 
※従来のパスワードはそのまま利用可能でございます。
※パスワード設定条件(パスワードポリシー)の変更はございません。
※自動生成ボタンにつきましては引き続きご利用可能でございます。
 (自動生成ボタンで生成されたパスワードには記号は含まれません)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆機能強化内容2 ユーザー編集画面にユーザー詳細「表示」ボタン追加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ユーザー編集画面にユーザー詳細「表示」ボタンを追加いたします。
 
■ユーザー詳細について
・ユーザーの切り替えをせずに各ユーザーの情報(基本情報、メールに
 関する情報、ウェブに関する情報)の確認が可能
 
・Webメール(Roundcube)のログイン画面へのリンクが追加となります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆機能強化内容3 ログイン画面でドメイン入力の大文字対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
PlanManager・CONTROL PANELのログイン画面につきまして、
ドメインを入力いただく際、大文字で入力されたドメインも参照可能と
なります。
 
※契約者アカウントは以前から可能でございましたが、今回の強化により
 ドメイン管理者以下の権限のユーザーにつきましても可能となります。

 
以上、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど賜りますようお願い申し上げます。